映像制作に関わるお仕事を探す時にまずすること

一口に映像の制作に関わる仕事と言ってもTVから劇映画、広告、SNS動画、展示物、イベント映像まで様々な種類があります。どんな映像を作りたいかによって仕事の探し方も大きく変わってきます。映像が制作される環境は主に4つの要素で成り立っています。1つ目はクライアントです。クライアントとは映像を必要としている依頼人です。2つ目は代理店です。代理店はクライアントと制作会社の仲立ちをします。3つ目は制作会社です。映像制作に直接かかわるスタッフが働いています。最後に制作会社とパートナーシップを組む会社です。制作会社は自社が持っていない機能を外部の専門会社に外注して映像を制作しています。この仕組みを理解し、自分はどういった形で映像制作に関わりたくて、どこに属したらよいかを考える必要があります。

自分に合った映像制作の仕事を探す方法

映像制作の仕事は近年、メディアの多様化から増加傾向にあります。その為、仕事の種類も多種多様です。映像制作に関連する仕事のみを扱った紹介サイトもあり、業種もデスクやAD、ディレクターやプロデューサー、他にもカメラマンに編集等様々あります。APやデスクなどの演出外のサポートや、事務的な事をする職種も選ぶ事ができます。また、興味があるけど、専門知識はないという人ならアルバイトがおすすめです。通常の求人情報サイトであっても求人情報が掲載されていることもあるので、経験を積んでおくのも良いでしょう。少し難易度は上がりますが、直接希望する制作会社に連絡するという方法もあります。タイミングが合えば求人は出ていなかったけれど、採用になる可能性もあるので試してみてもいいかもしれません。

映像の仕事に向いている人と活かせる経験

映像を制作する際の主な流れはリサーチ、取材や撮影、編集、完パケ作業となっています。リサーチは映像に関する情報を集めて資料を作ります。取材や撮影は実際に映像を撮影する事です。編集は撮影した映像をイメージに合わせてつないだり、カットしたりします。完パケ作業とは最終的に放送、視聴できる状態にすることです。仕事の流れからみると、映像を制作するには多くの人と関わり、その時々での対応力が問われます。コミュニケーション能力の高い人や好奇心旺盛な人は映像制作に向いていると言えます。また重い機材を持ったり、スケジュールがハードな事が多いので体力に自信のある人も向いています。活かせる経験としては、情報の整理や文章を書いた事のある経験や、やはり映像を撮っていたり、パソコンのスキルが大いに発揮される職業になります。