映像制作で働く人の1日のスケジュール

映像制作関係の仕事は多岐にわたりますが、テレビ番組の企画や制作に携わる仕事に就いた場合は、まずはアシスタントディレクター・通称ADからスタートするのが一般的です。ADは、ディレクターの補佐役として不可欠な存在で、出演者にアポを取ったり、ロケ先を事前にリサーチしたり、移動や宿泊先、ロケ弁の手配など仕事内容も幅広いですが、ADの仕事というのはその場その場の雰囲気に合わせた臨機応変な行動が求められる仕事でもあり、出演者もスタッフも気分よく、スムーズに収録やロケを進めるためには、気配りのできる優秀なADが欠かせません。しかし、ADの仕事というのはほかの職業と比べても極めてハードな仕事であることから、ADの仕事に就きたいと思っている人は相当な覚悟も必要であるといえます。

ディレクターの手足となるADの1日は実にハードスケジュール!

映像制作の現場というのは、実に多くの人たちの努力によって成り立っています。最近は演者だけでなく、ADも含めた番組スタッフ全員が一丸となって作っているテレビ番組も増えており、ADの仕事に興味を持つ人も少なくありませんが、ただ単に楽しそうという気持ちだけではADの仕事を勤め上げることはできません。映像制作の現場において、下積み時代といわれるADの仕事内容は、会議用の資料作りや打ち合わせ、ロケ先の事前リサーチなど多岐にわたりますが、今後の制作現場においてとても貴重な時間でもあります。そんなADの仕事というのは24時間態勢で動き回らなければならないとてもハードな仕事でもあります。サラリーマンと違って、勤務時間もバラバラで、早朝出勤はもちろん、何日も会社に泊まり込むということも少なくなく、1日の大半を仕事に費やしているといっても過言ではありません。

映像制作の仕事に携わりたいならテレビ局や番組制作会社に就職しよう

映像制作の仕事に携わりたいならテレビ局や、番組制作会社に就職するのが一般的ですが、番組制作の現場において不可欠なADも同じです。基本的にADになるためには、テレビ局や番組制作会社に就職する必要がありますが、テレビ局の場合は四年制大学卒業以上の学歴がなければならないなど条件も多く、映像制作の仕事に就きたいからといっても簡単に就職することはできません。一方、番組制作会社の場合は専門学校卒の人の受け入れも行っていたり、学歴不問でアルバイトを募集しているところもあるので、ADの仕事に就きたいなら番組制作会社に就職するのも一つの方法です。しかし、将来的にはプロデューサーやディレクターとして映像の制作現場に携わりたいという場合は四年制大学を卒業してからテレビ局や番組制作会社に就職することによって可能性を広げられます。