映像制作の仕事にはどのような種類があるのか

テレビやスマホなどからは毎日多くの映像が流れていますが、ドキュメントやドラマやアニメなどといったたくさんのジャンルがあり、それらを多くの人々が視聴しています。このように人々に見てもらえて影響を与えられる映像の制作に関わりたいと思っている人は多いものです。身近な存在であるテレビ番組やテレビでのコマーシャル制作やそれらの編集などが具体的にあげられる仕事です。また近年ではインターネット上でのコンテンツなどもそれらに関わってくる仕事です。そしてゲームやアニメーションなどにも映像は多く関わっています。気づけば私達の周りには、いつもこれらが関わっている環境がありますので、幼少時より憧れている方も多いのです。またネットが普及されたことで世界に向けての発信も可能になっていて需要も絶えまなくある分野なのです。

自分が関わりたい方向性に合った映像の制作を探す

映像の制作に関わる仕事は時間が不規則な面もありますが、良い物を作り出すクリエイティブで職人気質な分野でもありますので、やり甲斐を持ってお仕事をしている方がとても多いです。多くの方は仕事に就く前に、映像の制作に必要な勉強を一通りしていて、学校や専門学校などを卒業したのちに、それに関わる仕事に就くことが多いものです。現場においては多くのスタッフがいて、ディレクターやプロデューサー、構成作家などの制作系の分野にいる方と、音声やカメラマン、ミキサーや照明などの技術面で支える人たちが協力して、作り上げていくことになります。ですから映像の制作に関わる仕事に就くにしてもさまざまな仕事に分かれていきますので、ご自分が学校などで学んできたことや、どういった方面で関わりたいのかをよく考えてから探すことが早道です。

希望の映像の制作に関わるには下積みがあることも知る

これらの仕事を探すには、専門分野の学校を卒業している人であれば学校を通しての就職の斡旋を利用したり、そうでない人は映像の制作会社の求人募集をしているところを探すことが多いです。情報誌でも就職サイトでもけっこう募集はありますので、あとは条件面を吟味していくことになります。けれども、例えば将来的にはディレクターになりたい人でも、まずはアシスタントディレクターからで、業務内容も雑用からリサーチ、ケータリングの手配と幅広く、あらゆる業務をこなしていくことになります。そういう下積みを積んだら、次はチーフアシスタントディレクターとなって、やっと撮影や編集を覚えていくのです。プロデューサーに関しても、同じく下積みを経て少しずつ地位が上がっていくことがほとんどです。この世界ではこのように、希望している仕事につけるまでには厳しい下積みがあることを覚悟して探すことをお勧めします。

撮影のみ、編集のみというご依頼も承っておりますので、お気軽にご相談ください。 弊社では、動画制作期間は通常1か月~2か月ですが、場合によっては2週間ほどで制作することもできます。 動画制作プランは30万円から受注生産型まで幅広い価格帯で承っております。 動画を利用したマーケティング手法で数々の商品をヒットに導きます。 株式会社アーツテックは創業当初より、1000社を超える取引実績ございます。 映像の制作の依頼ならアーツテックがおすすめです。